【実体験】ネットワークビジネスを体験した その2


スポンサードリンク

妻のY子からのメッセージ

やるなら一気に勧誘しなさい。

 ゆっくりやるなら辛いだけ。さっさと見切りをつけなさい。

 

いつか成果がでるんだといって、なんにも結果が出ずに

 

10年近く活動するメンバーがいることを最近知ったらしく

 

熱いメッセージをくれました。笑

 

Y子がいたのは、ニューウエイズのワンダーランドというチームだったそう。

 

妻がなぜ勧誘されたのかは「その1」を読んでほしい。

 

普通、マルチ商品はサプリメントなどの健康食品や

 

アンチエイジングを期待できる化粧品がメインだから

 

若い子がマルチに手を染めるのは少ない。

 

だけど、若年層の無知な人を対象にするこのチームは

 

20代~30代前半をターゲットとしており、

 

とくに東京・大阪に集中しているそう。

 

現在、チーム規模はどのくらいあるのかは不明だが、

 

毎年就職でやってくる若者を

 

マルチ商法の網に引っ掛ける狙いがあるのだという。

 

 

この集団に会うと違和感ばかり。

 

その違和感を大事にしてほしい。

 

違和感を感じても、師匠という親分と仲間たちにその違和感は

 

自分とのギャップで受け入れることをしなさい、

 

とローキックのように仕掛けてくる。

 

違和感なく、それを心地よいと思うのであれば

 

向いているのでしょう。ぜひチャレンジしてみては。

 

でもその違和感は自分の本音であり

 

動物的な勘なので大事にしたほうが良いと思う。

 

 

ちなみにY子は

 

「稼げる環境はある!それに君の成長に保証する!」

 

とか言って勧誘されたのに、

 

辞めると師匠に相談したところ、

 

 

1ヶ月後には

 

チームメンバーが全員解約。

 

稼げない環境でした。笑

 

そのとき、Y子は「金の切れ目は縁の切れ目のチーム」だと痛感したという。

 

もともと、お金もほしいと思っていて、

 

辞めたら不労所得がもらえる!って思っていたのに。笑

 

 

後から聞いたら、Y子はワンダーランドのアンチになったので、

 

もらっている収入で反対活動を企んでいるから阻止するべき!と

 

指令があったそう。

 

成長した点は、お金の大切さを学べたこと。

 

 

チームというかもはや宗教ですよね?

 

 

モンク