自動車の車幅について


スポンサードリンク

https://blog.hatena.ne.jp/my/最近思うこと。

 

車の車幅がどんどん大きくなっている現状に

悩まされている。

 

車のトレッド(タイヤとタイヤの距離)が広いほうが

そりゃー車は走行が安定するに決まっている。

 

だけど、都内に住んでいる私としては車を停めるスペースが

正直停めにくいと感じている。

 

基本的に日本の駐車場は5ナンバー枠(小型車)で作ってあるところが多いし、

商業施設では(豊洲らへんを除く)23区内は車を停めるのが場所的に厳しい。

 

車を所有していない人には無関係と思うかもしれないが、

レンタカーやカーシェアリングをして遊びに行くときっと感じると思う。

 

 

車幅が広すぎると。

 

 

車を所有することが私の趣味なのだが、

それが娯楽としてたんまり税金を取られるのに、

車も駐車できないのは本当に悲しい。

 

 

日本の道を最適に走る車として、代表的なのはクラウンだけれど、

 

各車メーカーは日本で売ることを考えていないのか、

 

スズキや軽自動車をメイン販売をしている会社を除き、

外国にしかターゲットを向けてない現状がひしひしと伝わりとても悲しい。

 

サラリーマン年収は上がらないのに、車の値段がどんどん上がっている現状も悲しい。

 

これじゃあ、車を所有する人が減るのは当たり前だ。

 

男は車(全般的に乗り物)が好きな人が多いと思う。

若者は車を持たないほうが楽だと思っている人が多いが、

車がある方が移動の手段も行ける場所の範囲もぐっと広がる。

 

車を所有していない人が車を所有することに批判するのは

私としては面白くない。

 

文句を言うなりに、車のメリットも考えてほしいものである。

 

モンク