読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事について~日本人は働きすぎ~


スポンサードリンク

本人は働きすぎ。

 

もう給料がどうこう税金がどうこう文句を言いたいことが

 

たくさんあるのだけれど今回は労働時間について書くことにする。

 

 

人間らしく生活するために、仕事とプライベートのバランス

 

重要だと強く思う。

 

仕事だけやっていてもプライベートの時間がなくなるし、

仕事をやらない収入が低すぎてとプライベートでお金を使えない。

 

すべてはバランスで、お金を稼ぎたいから仕事やりまくる!という

ベンチャースピリットも大好きならしたらいいと思う。

 

そういうのは除外して考えてみよう。

 

いまや残業しないで福祉が充実しているヨーロッパ諸外国というイメージだが、

 

フランス産業革命時はすっごーーーくみんな働きもので

 

残業しまくっていたそうです。

(これは結構おどろき)

 

 

だけど、「働いても働きすぎは効率悪いし必要ないね」という考えが

 

内部から徐々に浸透しはじめ「残業しない」という考えになったそう。

 

 

 

 

では今の日本は?

 

高度経済成長から働けばどんどん稼げる時代に突入し、

 

バブルが弾けた後も日本人の美徳の「忍耐力」を活かし

 

いまでも残業を当たり前の文化だ。

 

 

それが、最近になって電通のような自殺者が出たことにより

 

 ようやく変わる必要があるといわれてきた。

 

 週6勤務から週5勤務になったのもアメリカによる外部的要因であり、

 

 なにか必要だといわれるのはいつも問題があってから。

 

 

 

 24時すぎて都内のコンビニにいったらゾンビのような顔した

 サラリーマンが惣菜コーナーでたくさん見れますよ。

 

 会社のための人生なのか?

 仕事だけじゃない、人生の楽しみをもつべきじゃないかな。

 

 

 就職して結婚して子供できて家買って教育費払って・・・

 

 

 人生のイベントたくさんあるけど、比重が仕事だけの人が多すぎるので

 

 

 

 日本でも残業NGの日がくると良いなと願うばかりです。

 

 給料は据え置きでね(笑)

 

 

モンク