読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ VS ヒラリー 大統領選の真相

世の中の不思議

スポンサードリンク

2016年11月9日

ついにアメリカ大統領にトランプが選ばれた。

 

日本のマスコミは

実績のあるヒラリー推し、

トランプは悪名高い変人だと非難されていた。

 

大半の日本人はメディアをそのまま信じ、

ヒラリーになることを望んでいた。

 

そして、そのトランプが大統領になった。

 

アメリカ人は馬鹿なのか?

そんなまさか。

 

日本のマスコミ、アメリカのマスコミでもトランプを非難することが

多く見られたが事実はどうなのか・・?

 

そもそもマスコミは中立な立場であるはずなのに、

トランプばかり非難している意図を汲む必要がある。

 

いやいや、今回の大統領選は今後の世界の方向性を決める選出になったと思う。

 

なぜかというと、、

 

今回の大統領選は

(とっても簡単な表現にすると)

ハザール麻薬武器商人系ユダヤ人 VS ギャンブル系ユダヤ人

の戦いだった。

 

ハザール麻薬武器商人系ユダヤはヒラリーのほうで、

CFR(石油王ロックフェラー系)を背後におくので

遅かれ早かれ戦争をしたくてしょうがなかった。

戦争をすれば武器が売れるし儲かる。

日本にTPPを推し進めていたのもこの武器商人系である。

 

一方でギャンブル系ユダヤはトランプのほうだが、

こちらは娯楽を望み、平和に過ごすことを望む戦争反対派である。

そして、その背後にはロシアがいる。

 

過激な発言をするトランプには大きな後ろ盾があったということだ。

 

 

負けたヒラリーはまたしても告訴状が出され、

昨日のうちに資産をスイスに移したといわれる。

亡命をするつもりなのかもしれない。

 

 

モンク